脂肪吸引で失敗したくない
脂肪吸引で失敗したくない > 脂肪吸引と豊胸

脂肪吸引と豊胸

脂肪吸引豊胸の関係について考えてみましょう。

豊胸にはいくつかの手術方法があります。主なものとしてシリコンバックのような異物を挿入型とご自身の脂肪をバストに注入型の豊胸法です。

よく知られている豊胸術はシリコンバッグ使用のほうでしょうか。こちらは乳房にメスを入れて切り開いたところから入れることになり、いかにも手術。

他方、脂肪をバストに注入する豊胸法ですと、ご自身の腹や尻など余分な脂肪のある箇所から脂肪吸引をし、その脂肪を乳房に注入。
現在研究され進歩した技術であれば小さな管から脂肪を流し込みますので傷がほとんど残りません。手術の体への負担も比較的軽く、痛みも少なく、当日クリニックへ行き豊胸手術をしたらその後は自分で帰れる入院の不要なスタイルが多くなっています。
ボディライン形成の面から言っても注入量を調整できますので微妙にわずかな豊胸も可能になります。
シリコンバック豊胸はやはり異物なので後遺症を患ってしまう方も中にはいるようですが、脂肪吸引からの豊胸ではそういった心配がないのも安心。

脂肪吸引は、そもそも部分痩せをするために自分の体で気になるところから脂肪を吸引することが目的でしたが、豊胸手術のようにボディラインの膨らみを作るためにあえて脂肪吸引するという概念もあるのです。
もちろん脂肪吸引を目的として手術し、その脂肪を使いたい豊胸したいと申し出ておけば、それに沿った施術が行われることになります。
これを実現するには脂肪吸引と豊胸の両方を施術できるクリニック、ドクターを選ぶことが第一。

脂肪吸引で失敗したくない > 脂肪吸引と豊胸
Copyright (C) 2010- 脂肪吸引で失敗したくない All Rights Reserved.