脂肪吸引で失敗したくない
脂肪吸引で失敗したくない > 脂肪吸引での失敗

脂肪吸引での失敗

脂肪吸引失敗するケースはあるのか疑問に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、手術である以上、失敗はあります。

脂肪吸引でどんな技術やメソッドを用いようとも、医師(ドクター)が施術する以上、医師のレベルの違いははっきりと出ます、失敗の有無はそれに関連性が高い。手術経験例が豊富な医師ほど安心して任せられるのは言うまでもありません。もちろん経験が浅くても上手な先生もいるでしょうから、一概には断定できませんが判断するとすれば脂肪吸引の手術経験数。
上手なドクターであれば失敗は大概しないでしょうが、脂肪吸引手術はそれなりに準備を経て行われますので一度の失敗はアフターケアが面倒になりがち。

最も多い脂肪吸引の失敗例は、術後の患部の凹凸が目立つというパターン。脂肪を吸い出すわけですから、その部分だけがへこみボリュームダウンするわけですね。うまく造形を作るかのようにまんべんなく脂肪を吸い出せれば見た目もきれいですが、一部分だけから脂肪を多く吸引し過ぎた場合には妙なヘコミになる、これが失敗。

あとは手術を受けたのに痩せてないというクレームも。この場合は脂肪の吸引量が少なすぎた失敗かもしれません。なぜこのようなことが起こるのと言えば、逆に脂肪を大量に吸いだしすぎてしまうと脂肪が完全に無くなってしまいそれはそれで問題。すなわち医師の調整が失敗すると控えめにし過ぎたあまりに脂肪があまり減っていないということに。
この失敗を回避するためには手術前、術後の写真を撮影しておくこと。写真はほとんどのクリニックで撮影されていますので間違いないと思いますが、もしあなたが脂肪吸引を受けるクリニックで写真撮影が無い場合には写真で記録を残すよう希望をお伝えください。手術後は写真だけが唯一の証拠になります。

また、脂肪吸引は総じて高額な費用を必要としますが、中には法外な金額であったり、強引に契約を結ばされたりという例もあるようで、こちらも失敗の部類に入るでしょう。
費用という意味では、仮に脂肪吸引手術がうまくいかず失敗した場合の再手術や調整にどのくらいの費用がかかるのかも確認しておけばさらに安心です。

脂肪吸引で失敗したくない > 脂肪吸引での失敗
Copyright (C) 2010- 脂肪吸引で失敗したくない All Rights Reserved.